ヘデラ・ハッシュグラフ運営審議会

ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会はヘデラ・ハッシュグラフネットワークを運営する組織です。

この組織は39の企業から形成され、これらの企業はそれぞれの分野においてリーダー的存在であり、幅広い業界や地域から招集され、世界的なブランドと信頼を維持し続けている企業であり、幅広い観点を持ち合わせるように構築されています。

運営審議会のメンバーは運営委員会を選出し、それぞれの専門知識を小委員会を通して運営に活かします。

ヘデラ・ハッシュグラフの運営規約は運営権限が単一のメンバーや特定のグループに集中しないように定められています。

ホワイトペーパーをダウンロード
Globe

メンバーは等しいの投票権を持ち


39の運営審議会メンバーが存在し、


5つの大陸に分散し、

分散化、安定性、信用を提供

Governance

ガバナンス

ヘデラ・ハッシュグラフ運営審議会の運営指針は二つの軸になる原則から成り立ちます:それは「分散」と「安定」です。

投票によって選ばれた運営審議会が定める政策に含まれるのは、運営審議会の入会ルール、ネットワークとトークンの統制、プラットフォームのコードベースの変更を許可することです。

「分散」という原則を維持するためにデザインされているガバナンスは、取引の承認や順番に影響が及ばないように権力の集中を阻止します。

強固なセキュリティー対策と運営審議会の意思決定を支えることによってプラットフォームに「安定」と信用をもたらし、プラットフォームの広範囲な普及と導入を促進します。

Decentralization

分散化

ヘデラ・ハッシュグラフ運営審議会の政策と構造はヘデラトークンの幅広い分散とネットワーク上のノードがフル活用されることを目的としています。

それぞれのノードは1トークン所有により1投票が可能です。新しく参加するノードはプラットフォームに寄与することでトークンが支給されます。

ノードの数は急速なスピードで増えることが見込まれ、投票権は幅広く分散されることが予想されます。

この分散によって少数によるネットワークの攻撃、トークンの偽造、台帳の改ざんや取引順番の変更を阻止することが出来ます。

Stability

安定性

ヘデラ・ハッシュグラフ運営審議会が創造するのは中央サーバーが不在で、信頼性があり、セキュアなサイバースペースです。

このビジョンを達成するには安定したプラットフォームと運営審議会による決定事項が確実に実行される枠組みが必要です。このガバナンスを達成するために運営審議会には法的及び技術的な援助が提供されます。

これらの統制により、プラットフォームのフォーク(分裂)によって競合のトークンが出現することを防ぐことが出来ます。また、ソフトウェアの有効性とコードに対する透明性及び、ライセンスや許可の必要がなくアクセスできるような公平性を保ちます。

この安定性を基に、公開分散型台帳の主流なマーケットにおける商業的利用を促進することが出来ます。

Compliance

コンプライアンス

匿名性のある暗号通貨ウォレットに、身元確認情報を付与することができるオプションをヘデラ・ハッシュグラフ運営審議会は提供します。

これは規制当局と監督監視が必要な分野で協力し、分散型公開台帳の主流化を促進するためです。

身元確認情報付与のシステムはオプションであり、どの情報を開示するかはユーザーが決められます。

ヘデラ・ハッシュグラフは規制当局と共に、既存の金融システムが提供するレベルのセキュリティーを公開分散型台帳にも応用すべく邁進していきます。

お問合せ

未来へようこそ