ハッシュグラフの技術

ヘデラ・ハッシュグラフ
プラットフォーム

ヘデラ・ハッシュグラフは全く新しい形の分散コンセンサスを提供します。中央管理者不在のネットワークにおいても、お互いを知る必要も信頼する必要もなく安心して共同作業や取引を行い、合意形成を可能にする方法です。

私たちが提供するプラットフォームは超高速、安全(セキュア)、公平、そして他のブロックチェーンの基礎になっている膨大な資源を使用するプルーフオブワークが不要です。

ヘデラ・ハッシュグラフは今までに開発が不可能な分散アプリ(Dapps)の開発を可能にし、アプリ開発者に新しい技術革新の可能性と術をを提供します。

ホワイトペーパーをダウンロード

ハッシュグラフ取引速度

パフォーマンス

ヘデラ・ハッシュグラフは早い。インターネットのように高速です。

Dr.リーモン・ベアドにより開発され、疑似投票(Virtual Voting)アルゴリズムをベースに構築されています。このアルゴリズムは完璧に近い帯域幅使用の効率性を持ち、毎秒に数十万取引と数百万の電子署名を承認することができます。

取引承認に必要な時間は秒単位であり、分、時間、日単位ではありません。コンセンサスは100%確実で、ヘデラ・ハッシュグラフ独特の性質によって覆ることはありません。

ハッシュグラフのセキュリティー

セキュリティー

ヘデラ・ハッシュグラフはこの分野で実現可能な最高レベルのセキュリティーを実現しています。これを非同期ビザンチンフォールトトレランス(aBFT)と言います。

この性質を備えたプラットフォームは他にはありません。この最高レベルのセキュリティーを維持しつつスケールすることを可能にすることによって分散型システムに画期的な革新をもたらしました。

ヘデラ・ハッシュグラフはコンセンサスを保証し、他の公開分散型台帳とは異なり、DDoS攻撃に耐えることができます。

BFTの正式プルーフ(証明)をダウンロード

ハッシュグラフの公平性

公平性

ヘデラ・ハッシュグラフは公平であり、ネットワークにより取引が受領された順番通りにコンセンサスが形成されます。

単一のユーザーによる取引の拒否や、少数によって取引の順番に影響を及ぼすことが出来ないように設計されています。この独特な特性は他の多くの分散型台帳にはなく、市場形成やゲームという種類の分散型アプリ(Dapps)に必要不可欠です。

ハッシュグラフの機能

どのように機能するか?

ゴシッププロトコル(噂プロトコル)により、ノード間でのデータのやり取りが効率的且つ高速です。そして画期的な「ゴシップのゴシップ」(噂の噂)により自動的にハッシュグラフのデータ構図が構築されます。

この構図の中には過去に行われたコミュニケーションの歴史が存在し、暗号化されています。これを(ハッシュグラフのデータ)を入力値とし、全てのノードが仮想投票を行い、それ以外の情報交換をすることなくコンセンサス(合意形成)及びタイムスタンプが付与され、取引順番が確定します。

全ての取引は発信者により電子署名化されています。